カードローンとは

カードにもお金の支払いなどに使うクレジットカードの他にもデパートとか家電量販店などで買い物をして溜めて行くポイントカードがあります。そして電車やバスに乗る時に使うPASMOなどがあります。カードローンは銀行などからローンを受けるためのカードが発行されてそのカードを使って受ける企業とかではなく個人向けに行っている融資の事です。最近ではローンの為の専用のカードだけではなく、クレジットカードなどでも融資を受けられます。アメリカでは現金を持ち歩かないでクレジットカードを使って買い物をする人がほとんどです。日本でもカードで買い物をする人が増えてきました。成人の3人に2人ぐらいの割合でカードを持っています。カードで買い物をする典型的なのがネットショップなどのオンラインショッピングです。振り込みなどで支払う人もいますが、ほとんどの人がインターネットではクレジットカードで支払いをしています。カードローンとはそういうような買い物とかをするクレジットカードとは根本的に大きく違います。ローンも銀行で組む場合と銀行以外で組む場合でも違いはあります。銀行などの窓口でする場合でも消費者金融でローンを組む場合でも審査はあります。最近は簡単に身分証だけで受付を行う所が多いですが、受付は簡単でも必ず審査に受かるという事はありません。ネットに口座を持っていれば銀行などに行かなくても融資を受けられます。簡単に融資を受けられるから便利にと行きたいのですけど、借りる時は助かっても返済するときは大変です。返済をする時は大変で鵜の出、融資を受けるのもこのぐらいまでなら返せるという事をあらかじめ決めてから融資を申し込んだ方がいいです。

楽だから危険な事もあります

カードローンは少額の融資ですから、普通のローンと違って簡単に申込を行う事が出来ます。簡単に申し込めるから、最近は若い人でもカードローンを組む人が増えて来ました。若い人もそうですけど、主婦や高齢者が銀行では受けられないから他の所で借りようとか安易に考えている人が多いです。消費者金融でも良い所もありますが、悪い所もあります。消費者金融には悪い所もあるので少額のカードローンでも融資を受けるのなら銀行の方が安全です。簡単に借りられるからお金を多く借りてあとで困って自己破産というケースも多くあります。カードローンは危険性と隣合わせだという事を覚えておいた方がいいです。